企業は為替リスクと戦う必要がある

企業にとって為替リスクの変動は利益を左右する大きな原因となっているケースが多いでしょう。原材料等を輸入している場合は、円安によってその材料代の支払いが増加するでしょう。輸出をしている企業の場合は、円高になると、現地通貨ベースでの売上が変わらなくても日本円換算した売上げは減少してしまいますので打撃を受けるでしょう。企業は、為替変動の影響を手をこまねいているだけでなく、そういったリスクと戦っていく必要があるはずです。

企業は為替予約によってリスク回避をする

企業が為替変動リスクに備える方法はいくつかありますが、代表的な方法の一つに為替予約があります。為替予約とは、3か月先などの為替レートを金融機関等から提示を受け、取引量と為替レートを現時点で決定する方法です。例えば、3か月先に売上げ見込みがある1万ドルを1ドル120円で日本円に交換するという約束をするのです。そうすることによって、実際に3か月後の為替レートが110円だったとしても、約束通り120円で換算されて日本円を手に入れることができるでしょう。

企業活動の拠点の変えることでリスクを回避する

企業が為替リスクを回避する方法は為替予約だけではありません。その他の方法としては、企業に入ってくる外貨と支払すべき外貨の量をコントロールすることで吊り合わせることによって、それぞれ日本円換算した時の為替差損益が相殺される状態に持って行く方法もあります。具体的には、生産拠点を海外に持って行くことによって、その域内で材料を購入し人件費を払うことで外貨の売上げに見合った外貨支払いを生むなどのやり方があるでしょう。

為替とはその国で使われる通過の価値を、他国の価値に照らし合わせて数値化したものです。例えば1ドル=100円でしたら、日本で100円のものをドルで買おうとすると1ドルが必要になります。