有資格者であることが条件

学校の先生が、大学の教育学部に通って教員免許を取らないといけないので、日本語学校などの先生も国家資格のようなものが必要だと思われがちですが、実際には何か資格がないとなれないというわけではありません。意外ですよね。でも、外国人の生徒の方から日本語のことについて正しく答えたり、日本語を言語として教えるには、体系的な理解と指導力が求められます。それに値する能力を持っている「有資格者」として認定されなくてはいけません。

どうやって有資格者になるの?

大学で日本語を学んでいる人ならとっても簡単です。必要な単位をすべて取ってから卒業すれば日本語教員の有資格者として認めてもらえます。この時、専攻ではなくても構いません。重要なのは大学を卒業しないとだめなので単位をすべて取ったからと言って、中退しないことです。他には日本語教員になるための講習を受けて、定められている時間をクリアすることや検定をパスすることです。通信教育もあるので社会人でも勉強することは可能ですよ。

日本語の先生としての仕事場

日本語の先生の職場はたくさんありますよ。海外に渡って、日本への留学や就業をしたい現地の若者たちのところで直接指導するのもいいですし、国内にある日本語学校で働くこともできます。親の仕事の都合で来日したものの、日本語がわからずに授業について行けなかったりクラスで馴染めないと感じてしまいやすい子供たちの為に、彼らが日本社会に溶け込めるようにNPOが無料の子供向けの日本語教室を開いていますが、そこで子供たちの為に指導するのも素晴らしいですね。

基本情報技術者の試験は、これからのIT時代では役に立つ資格です。資格だけではあまり意味がありませんが、実務経験に加えてこの資格を持っているとそれなりの評価を受けられるでしょう。